物凄く今更ながらFFXが面白い件

例えば、現実の
「日本のお盆」
夏の夜風に揺られて微かに鳴る風鈴の音を聞いて、
「ああ、今は亡き人が揺らしたのかな」
と思える風情、情緒がたゆたう世界。
それがFFXの世界なのだろうなと思えます。

こう言う風情というのは、
やはり若い頃よりも、
より「死」というものが
身近になった中年以降の方が
よりよく理解できるような気がします。

かれこれ10年以上前になるでしょうか。
プレイステーション2のゲームの
「Final Fantasy X(以下、FFX)」を
やったことがありまして、
すごく面白かった記憶があります。

で、今年の初め頃だったでしょうか。
このFFXのダウンロード版が
期間限定のセールで
¥3000くらいで売っていたので、
懐かしさもあって購入したのです。
レコーディングが終わったらやるぞ〜!
と思いつつ。

で今、やってます(笑)

まあ、僕自身、
ゲームはあまりやらないので
(コントローラーを持つのがだるい・・・)、
あれこれと比較したり、
細かいところがどうだとかは分かりませんが、
このFFXは、今やっても面白い!
というか、歳をとった今だからこそわかるような
部分もあったりとか、
色々深いなと感じながらやってます。

以前、映画「ゴーストインザシェル」を
観たよという話の中でも書いた覚えがあるのですが、
やっぱり、世界観がしっかりしていると
話も自ずと良くなるものなのだろうな、と。
もちろん、
ごたごたと専門用語を並べるだけで
世界観というものは構築できません。

そういう架空の世界に
人が生き、歴史を作って、今があるという
人々の営みの形跡、というものが
世界観になりうると思うのです。

そして、このFFXにもまた、
この世界を生き、歴史を紡いできた
多くの人々の、ものの考え方、
哲学、宗教がある。
この世界の人々が
ここで何に悩み、苦しんでいるか、
いや、逆に何をもって幸福であろうとするのか。
この世界の人たちは
何を拠り所にして
その生を歩み、全うしようとするのか。

FFXの場合、そういう部分に
「死生観」や「宗教観」を重ねて
語っていると思えます。
というか、
ゲームというメディアでそれを
表現できているところが凄いの一言。

FFXの世界というのは
アジアンテイストで、
仏教で言うところの
「生と死」
「浄土と穢土」
が散りばめられているのですが、
「ある場所(目的)」を目指すヒロインと
彼女を守る主人公や仲間、と言う構図は
まさに、現代版(ゲーム版)「西遊記」
なのかもしれません。

実を言うと、10年以上前にやった時、
このゲームのストーリーに
思わず涙が出てしまいました(出たシーンがあると言うか)

後にも先にも、ゲームで泣けたのは
個人的にはこれだけですね。間違いなく。

で、その泣けるシーンを
10数年振りに見たのですが、
おそらく、以前とは少し違うものの見方で、
やっぱり泣けた(笑)
歳をとった分、
もっと奥の方まで慮ってしまうが故に。

ゲームに限ったことではないのですが、
やっぱり、
「小手先だけではない本物」と言うものは
時間や時代を超えるのだと思う。
それどころか、受け手の精神の成長に合わせて、
ものの見方が変わることによって
同じ作品であっても、成長するかのように、
また違う側面を見せてくれる。
そう言うものを名作と言うのだろうなと。

要するに、
故人はしっかり供養しないと、
化けて祟られるぜ(笑)的な。



ライブ会場で販売中のシングルを セットで販売中! 購入はこちらから ダウンロード販売はこちら
「パレードがくるよ」 2015年3月27日発売!

CDの購入は こちらから
夏のカケラ on Radio たまにTVでは ご紹介するお便りを随時募集しております。 完全匿名制ですので、お気軽にお便りを下さい! お便りはこちら!

D’ERLANGER – J’aime la vie

先日(2017年)5月3日に
発売された
デランジェの8枚目のアルバム。

僕も早速、発売日に買って
以降、今月は
このアルバム以外、聴いていない・・・(笑)

それくらい、ヘビーローテーションで
聴いてるってことさ!

やっぱり、デランジェのサウンドというのは
デビュー前後(解散前)の頃のものより、
今、つまり再結成後のものの方が
より本質に近い、というか、
一度解散を経て、
それぞれにキャリアを積んで得たものを
デランジェという器に
綺麗に統合して並べた感というものがあって、
少し言葉は悪いかもしれませんが、
他のキャリアでやってたようなことも
安直に二番煎じにならないだけの
「上手さ」というものさえ感じられます。

要するに、
今のデランジェというのは
すごく安定していると思えます。

アルバムの感想としては、
冒頭にも今月、この作品しか聴いていないと
言っているように、
僕のどストライクなものでした。

僕がデランジェのアルバムの中で
一番好きな
「the price of being a rose in loneliness」
というアルバムがあるのですが、
個人的にはこのアルバムの路線の
延長上にあるように思えました。

これくらいの、さじ加減、バランスが
とても好きです、僕。

まあね、
こうやってクールに書いてはいるけれど、
気持ちとしては、
『デランジェキターーーー!!』
って感じなのよ。

老いぼれるまで存在してほしいバンドの一つです。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06X9MZXC2/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=ayusawaikuya-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B06X9MZXC2&linkId=36934f588db8188302620abe2618dbb0
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0013NXCD0/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=ayusawaikuya-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B0013NXCD0&linkId=b92c4bdba4bac15eba9623971e3cd29e



ライブ会場で販売中のシングルを セットで販売中! 購入はこちらから ダウンロード販売はこちら
「パレードがくるよ」 2015年3月27日発売!

CDの購入は こちらから
夏のカケラ on Radio たまにTVでは ご紹介するお便りを随時募集しております。 完全匿名制ですので、お気軽にお便りを下さい! お便りはこちら!

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観てきた!

つい先日、
映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」を
観てきました。

言わずと知れた、
「攻殻機動隊」です。

細かいところで
ツッコミたい部分(キャスティングとか・・・)は
あるものの、
世界観を崩すことなく
まとまっていた良作だったと思います。

これを観てつくづく思ったのは、
やっぱり、脚本やストーリーテリング以前に
世界観がしっかり出来上がっている
というのは強いな、ということ。

コアな「攻殻機動隊」ファンや、
映画ファンはともかく、
僕のような中途半端なSFファンふぜいにとってみれば、
この「ゴースト・イン・ザ・シェル」は
誰が監督をやっても(常識的なレベルで)
似たような仕上がりになると思う。

なぜなら、
しっかりしっかりと作品群を勉強して
それらをリスペクトしつつ作るなら、
その作品の世界観はもちろん踏襲されるし、
そして、その踏襲されるべきものが
完成されたものであるほどに、
正攻法で作るなら、
同じものがてきてしまうのだと思うからです。

1+1は計算ができる人なら、
誰が解いても2なのです。

例えば、
ベートーベンの交響曲、
同じ楽曲一つを取ってみても、
コアなファンにとって
あの指揮者のはどうだとか、
いや、こっちの指揮者のはあれだとか、
そういう差異しか語れなくなるようなものと
同じなのでしょう。

そういう観点から
自己満足で作品の世界をレイプされるよりは
ずっと賢明なディレクションだと思いました。

もっとも、
アメリカで影響を与えたところの
「攻殻機動隊」(アニメのビデオのやつ)自体、
自己満足のレイプと言われたりもしてますが、
そこまでは知らん・・・(笑)

日本のアニメの「攻殻機動隊」もそうですが、
あるいはまた、ここ数年の
スターウォーズやスタートレックのように、
世界観がしっかり作られているものは
シリーズ化しやすいし、
実際に、その世界をベースに
いくらでも話も作ることができるわけで、
そのようなことから考えても、
やはり、世界観をしっかり構築するということは
ものすごく大切なことなのだなと
痛感したりもするのです。
もちろん、映画に限らず。



ライブ会場で販売中のシングルを セットで販売中! 購入はこちらから ダウンロード販売はこちら
「パレードがくるよ」 2015年3月27日発売!

CDの購入は こちらから
夏のカケラ on Radio たまにTVでは ご紹介するお便りを随時募集しております。 完全匿名制ですので、お気軽にお便りを下さい! お便りはこちら!

鮎沢郁弥のつれづれ。まさかのver3.1