今後の僕の活動を、漠然と・・・

まだ結構、後の話になるのですが、
僕のブログに関して、
記事の整理をして
不要なものは、
まあ削除はしないつもりですが、
何かしらの方法で閲覧制限を設けて、
検索などからアクセスしても
見れないようにしようと思っています。

前にも書いた気がしますが、
見れなくする条件に該当する記事というのは、

・単純に情報が古い
・今の考え方と少し違う
・毒にも薬にもならない、駄文(笑)

そんな記事に制限をかけるつもりです。
まあ、記事を全部、一つずつ
チェックする時間はないので、
ざっくりと、最低でも
過去5年より前のものは
ほぼ全部、鍵をかけてしまうと思います。

言っときますが、
封印じゃないですよ(笑)
あくまで、整理の一環です。
情報を発信する人間としての責務であるという
認識のもとに鍵をかけます。
もちろん、何かしらの手間をかけて(メールのアドレス登録とか)
それでも、という人は
そういう手数を踏んで、閲覧できるようにはしますが、
まあ、そんな人おらんでしょう(笑)

いやね、ここまでして
ブログのあり方を変えたいのには理由がありまして、
現状、商品としてリリースされている、
もしくは、来年発売になるニューアルバムといった
僕の楽曲の試聴をトップのホームページで
できるようにしたいのです。
現在、「Discograph」か何かのページに
設置されているものを、
トップにデーンと持ってきたいわけです。

本来、それが僕の中にある理想のイメージだったわけでして。

そもそも昔、
自分の楽曲が数的に不足していた頃、
それを埋めるために
色々なブログ記事を書いて
それを補っていたのですが、
それももう、必死になって充実させなくてはならない、
という状況でもなくなってきたのです。

だいたい、わしゃ哲学者じゃねーっちゅーの(笑)

でもね、
去年あたりまで書いてきた
結構重い内容の話とか、
今は、本気で忙しくて
書いている暇がないのが実情ですが、
ブログで今後、一切書かないわけじゃなく、
時間があれば、以前のように
書いていくつもりでもいます。

それに何より、
ここが大事なところなのですが、
僕の中で、
ああいう重い記事の内容のものを、
自分の歌の中に
どこまで普遍的に込められるのかというのを、
これから、老いていく自分の
課題、チャレンジ、あるいは研究として
挑んでみたいという気持ちも出てきて、
そしてかつ、その可能性が見えて、そして
最近、おぼろげながら見えてきて
やれるような気がしているのです。

以前僕がブログで伝えようとしてきたことは、
ブログの枠には収まりきらなくなってきましたし、
そもそも、歌を作る人間として
それらは歌になるべきものであるのが
本来の筋なのだろうと。

そういうわけで、
もう、自分の中で、
ブログというメディアに
大きな必要性を感じないのです。(不可欠ですが)

正直まだ、言葉で説明しようとすると、
このようにとりとめもなく、
だらだらとした長文になってしまいますが、
要するに、
今、あるいはこれからの僕というのは、

『命を歌う』

そういう段階に行き着いたと言えるのだと思っています。

[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る


ライブ会場で販売中のシングルを セットで販売中! 購入はこちらから ダウンロード販売はこちら
「パレードがくるよ」 2015年3月27日発売!

CDの購入は こちらから
夏のカケラ on Radio たまにTVでは ご紹介するお便りを随時募集しております。 完全匿名制ですので、お気軽にお便りを下さい! お便りはこちら!

Red – King Crimson

日も短くなり、寒くなって来ました。

晩秋の夜長に
夜なべをしながら
プログレッシブロックなるものを聴くのは、
実にまったりした過ごし方ではないでしょうか。
(以前、似たようなことを書いた覚えが・・・??)

プログレッシブロック、通称プログレは、
60年代の終わりから70年代の初頭くらいに
盛り上がったジャンルというか、ムーヴメントで、
それこそエルビス・プレスリーから始まり
ビートルズで花開き進化していった
「ロック」という音楽を
文字通り「進化」の方向に特化して追求していった
ロックの「いち」ジャンルと僕は解釈しています。

プログレというジャンルは今でももちろん
存在しますが、
現代ではどちらかというと、
ヘヴィメタルのバンドや、
あるいはテクノやエレクトロニカ系のアーティストが
プログレから生み出された
「方法論」だけが生き残り、それぞれの
フィールドに影響を及ぼしている、といった感があるかもしれません。

基本的に、プログレの曲というのは
10分オーバーの楽曲がザラで、
集中して「がっつり聴く」というよりは、
何か作業をするときのBGM的な聴き方の方が
疲れないでしょう。

現代でも、
テクノなどの打ち込み系の楽曲だと
10分そこそこある曲というのは普通にあるのですが、
純粋なロックのそれとなると、
今では珍しい部類になるのではないでしょうか。

が、そこが良い!

ロックが最もトンガっていた時代のサウンドを
10分とか、20分とか浴びせられる
この快感は、結構クセになります。
しかも、その10分以上の楽曲というのは、
デジタルなど当然のこと、
大した録音、編集技術もなかった時代に、
ほとんどの基本は
人間がバンドで、セーノで録って作ったものなのです。
そこを考えると、
すっかり退化した人類にとっては
今でも十分に、「プログレッシブ」に値するのではないでしょうか。

まあ、こういう複雑な方向にロックが振れてしまったからこそ、
のちに、そのカウンターとして
単純なロックの新しい形であるところの
「パンクムーブメント」が発生するわけなのから、
世の中、何がどうなるかなんて
本当にわからないものです。

キングクリムゾン自体、
実は、なんだかんだで、まだ活動をしている
現役のバンドなのですが、
おそらく、ステロタイプ的には
この曲あたりが「最後の曲」だと
思っている人も多いと思います。

そして、このアルバムは
心の底から震える。

[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る


ライブ会場で販売中のシングルを セットで販売中! 購入はこちらから ダウンロード販売はこちら
「パレードがくるよ」 2015年3月27日発売!

CDの購入は こちらから
夏のカケラ on Radio たまにTVでは ご紹介するお便りを随時募集しております。 完全匿名制ですので、お気軽にお便りを下さい! お便りはこちら!

鮎沢郁弥サードアルバム、2枚同時発売!!、の発売日のお知らせ

今回のアルバム完成後、
初めての正式な告知となるでしょうか。

鮎沢郁弥、「Lalah Luminoux」という名義で
やっていた時代から数えて、
はや10年以上、
メンタルがぶっ壊れて音楽が作れなくなってしまった後、
鮎沢郁弥という名義になってから数えても
来年、再来年あたりで10年の節目を迎えます。

そんな僕の打っても響かなかった(笑)活動の
まさしく集大成、総括といってもいい作品に仕上がりました。

もう少し踏み込んだ部分は、
僕自身、言葉で伝えられるくらいに
考えがまとまってから、
まあ、この新作のプロモーション活動の一環として
おいおい、YouTubeなりブログなりで
語っていこうと思っております。

とりあえず今日は、
↓これだけでもお知らせさせていただきます。

鮎沢郁弥サードアルバム
2018年2月14日発売!(ただし予定・・・笑)

『バラの気持ち 〜RED CROSS』
そして、
『バラの気持ち 〜WHITE ROSE』

二枚組アルバムではありません。

赤盤と白盤同時発売です。

収録曲は各10曲ずつ。
価格は各¥1500。

ちなみに¥1500は
ライブ会場などで手売りする
CD-ROM版の価格です。
配信の価格は配信会社によって
それより安くなったりします。

配信での発売開始がは2018年2月14日ですが、
いつものCD-ROMによる限定品版は
できれば配信発売の前に
ライブ会場で販売したいです。
けれど、ちょっとまだスケジュールの調整については
まだ全然白紙です(笑)

もちろん、CD-ROM版も
通販で購入できます。

まあ、かなり延び延びになってしまいましたが、
発売時期と活動のタイミングだとか、
ホームページの一新だとか、
アー写だとか、
色々なものをリフレッシュしたいので、
そういうものも並行しながらの準備と考えていくと、
やっぱり来年になってしまっちゃいました。

今回は取り急ぎ、そういうことです。
今後の活動、お楽しみに!!

[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る


ライブ会場で販売中のシングルを セットで販売中! 購入はこちらから ダウンロード販売はこちら
「パレードがくるよ」 2015年3月27日発売!

CDの購入は こちらから
夏のカケラ on Radio たまにTVでは ご紹介するお便りを随時募集しております。 完全匿名制ですので、お気軽にお便りを下さい! お便りはこちら!

鮎沢郁弥のつれづれ。まさかのver3.1