最近の制作 2017/7/17

最近の制作。

先週からようやく
ミックスダウンの工程に入りました。

今思えば、
今までの作品でのミックスは
恥ずかしいほどに
大雑把過ぎた・・・(笑)

今回(こそ)は丁寧にと
心がけてやっております。

さて、そんな今作っているアルバムについてですが、
以前もお話ししたように、
僕が2000年代に
ネットでmp3として配信していた楽曲を
総まとめするような内容、
というか、要するに「録り直し」ですよね。

僕の心情的には、そういう総括的な
「ベスト」という位置付けなのですが、
いかんせん、「ベスト」と謳うにも、
現実の状況として
僕のことなど、この世においても
数人しか知らないので(笑)、
「ベスト」とは呼べんな〜と・・・。

ですので、
結局はサードアルバムのような扱いになるんだろうな、
と思っております。

おそらく(というか、間違いなく)
僕の「平成最後の作品」として
2000年代の楽曲のリメイク集というものを
出すことになるのは、
何かしらの節目が、ここにあるからなのかもしれない、
と思ったりする今日この頃です。

まあ、その辺は
作品のリリース前後の何かしらのタイミングで
語ることにしよう。

今は、「作ること」以外は
考えない・・・。



ライブ会場で販売中のシングルを セットで販売中! 購入はこちらから ダウンロード販売はこちら
「パレードがくるよ」 2015年3月27日発売!

CDの購入は こちらから
夏のカケラ on Radio たまにTVでは ご紹介するお便りを随時募集しております。 完全匿名制ですので、お気軽にお便りを下さい! お便りはこちら!

ちゃっちゃっちゃ!ちゃかちゃかちゃか!!

インドネシア、バリ島の民族舞踏(?)に
「ケチャ」というものがあります。

大勢の男性が
「チャカチャカ」言いながら
「踊る」というより「揺れる」もの。

実は僕自身、この「ケチャ」自体は
小学生の頃から知っていまして、
おそらく多分、時代的にも
「芸能山城組」(と思われる)のレコードを
ひょんなことから聞いたのが最初でした。

子供だった当時の僕は、
その呪術的なバイブレーションに
気味悪さを覚えたものでした。

さて、最近になって
以前の記事でも触れた、
ゲームの「FFX」をやっているというところから、
東南アジアの文化にちょっと興味が出て、
YouTubeで色々と動画を漁っていたところ
この「ケチャ」と再会したわけです。

改めて「ケチャ」について調べてみると、
やはり僕が幼少の頃に感じた感覚の通り、
元々は呪詛的な意味合いの強い、
「踊り」というより、儀式だったようですが、
それが芸能化し、
今は観光客向けのアトラクションとなっている
というのが、「ケチャ」の概要です。

さらに調べて行くと、
この「チャカチャカ」という掛け声(?)は
全部で5種類ほどのパートに分かれて
それぞれアクセントの位置の違うシーケンスで
合唱されるのだそう。

例えば、
強起の「チャ」が「^」
弱起の「カ」が「-」
とすると、
リードパートの人(と思しき)の
カウントの「チャ」に対して

・^-^-^-^-^-^-^-^–
・–^–^–^–^–^-
・^–^–^–^–^-^-
・-^–^—-^–^–^-^

という、
さながらドラムスクールの
右手と左手の練習のような
アクセントを同時に、チャカチャカする(?)という、
そのポリリズム感(正確にはポリリズムではない)が
この呪術的なバイブレーションを持つ
グルーブを演出しているのでしょう。

下の動画は、
おそらくバリ島を紹介する映画(?)で
演じられている「ケチャ」で、(1:00ごろから始まる)
かなり「よそ行き」感の強い「ケチャ」ですが、
ただ単にあぐらをかいて
腕をゆらゆらささせながら
「チャカチャカ」言っているだけではなく、
上手い人達がやると、
クオリティが違うように思えます。

まあ、カメラの撮り方やカット割りなども
あいまっているのでしょうが・・・。



ライブ会場で販売中のシングルを セットで販売中! 購入はこちらから ダウンロード販売はこちら
「パレードがくるよ」 2015年3月27日発売!

CDの購入は こちらから
夏のカケラ on Radio たまにTVでは ご紹介するお便りを随時募集しております。 完全匿名制ですので、お気軽にお便りを下さい! お便りはこちら!

最近の制作 2017/7/1

7月です!

おいおい、なんてことだ・・・。
ジュライだよジュライ。

唇に火の酒。

それはジュリー。

・・・知らんがな・・・。

最近、ゴールの見えない制作に
軽く頭が壊れております(笑)

アルバム制作の方は目下、(まだ)編集中。

いや、作業自体は
普段通りのペースで順調に進んでいるのです。
けれど、如何せん曲数が(以下略)

ギターやベースというのは
どうしても、その楽器の性質上、
鹿苑寺に、いや
録音時にノイズが入るのです。

バンドのライブとか見に行くと
ギターアンプから
「サー」とか「ブー」とか
ノイズが聞こえてきたりするでしょ。
ああいうのの除去作業というのがあって、
これが単純ながら七面倒臭い作業でして、
後回しにしても
やっぱり面倒臭かった・・・(涙)
それに加えて、曲数が(以下略)

ただ、今のところ
自分の力の範囲でも
99点くらいのクオリティを保ってるのは、
日頃の僕の行いが良いからだ(笑)

いや、おそらくの理由はあるのですが、
難しい(ようで簡単なこと)話になるので割愛。

このままのクオリティを損なうことなく
ゴールしてくれればと切に願っております・・・。



ライブ会場で販売中のシングルを セットで販売中! 購入はこちらから ダウンロード販売はこちら
「パレードがくるよ」 2015年3月27日発売!

CDの購入は こちらから
夏のカケラ on Radio たまにTVでは ご紹介するお便りを随時募集しております。 完全匿名制ですので、お気軽にお便りを下さい! お便りはこちら!

鮎沢郁弥のつれづれ。まさかのver3.1